スポンサーサイト

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日(--) | スポンサー広告 |

糖がないと脂肪が燃えにくい

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする
からだを動かすエネルギーのもと 繊維と一緒にとろう
若い女性の食事や生活の傾向を見ると「やせ指向で穀物をとっていない人、そして体を動かしていない人が圧倒的に多い」というのは、女子栄養大学短期大学部・栄養学研究室の松田早苗准教授。

ご飯茶碗

糖質は砂糖のような糖や穀物などのでんぷん質の総称。体を動かすエネルギー源となる大切な栄養素だ。太らないよう控える人も多いが、「特に、脳や神経、赤血球はエネルギー源として穀物の主成分である糖質しか使うことができない」と松田准教授は話す。
糖質はこんなに働いている
糖質はこんなに働いている
※ 一般的に、炭水化物(Carbohydrate)は、消化・吸収されてエネルギーを作る「糖質」と、消化・吸収されない「食物繊維」に分けられる。ここでは、糖質の働きについて解説する。

糖がないと脂肪も燃えにくい
私たちは糖質の多くを、米やパン、麺(めん)類などを主食にしてとっている。でも、ダイエットのためにと「おかずだけ食べ、ご飯などの主食を極力食べないようにしていると、脂肪が燃えにくい体になってしまう」と松田准教授。糖質を食べないでやせようとするのは若い女性には不向き。「糖質は脂肪を燃やす代謝系の大事な“火種”。糖質が不足すると脂肪が不完全燃焼を起こし、ダイエットも成功しにくい」(松田准教授)。

また、糖質が不足すると、体はたんぱく質を分解してエネルギー源にしようとするため、筋肉がやせてしまい、ますます代謝ダウン。糖質をとったら体を動かしてエネルギーとしてしっかり使う、これがかしこいやり方だ。

食物繊維を一緒にとれる穀物が一番いい
体のエネルギー源として欠かせない糖質。でも、とりすぎはやはり問題。内臓脂肪や皮下脂肪として体に蓄えられてしまうからだ。特に注意したいのが、白ご飯、白いパンなどの精白された穀類。血糖値が急上昇し、インスリンというホルモンの働きによって余った糖質が脂肪として蓄えられやすくなる。

「玄米やライ麦パンなど“黒っぽい主食”は血糖値を上げにくい。白い主食は極力食べない、と決めてしまうといい」と、糖尿病歴30年以上を自らの健康管理で乗り切る河合勝幸さん。「おにぎりなら、ワカメ入りや根菜の混ぜご飯など食物繊維が加わったものを選ぶ方がいい。お通じ効果も期待できる」(大妻女子大学家政学部の青江誠一郎教授)

甘い物ばっかりだと体調が悪くなる?
忙しいからといって、お菓子や甘い菓子パンをご飯代わりに食べていない?「お菓子に含まれる砂糖は、穀物よりも糖質が吸収されやすく満足感を得やすいものの、洋菓子に使われるバター、生クリームに含まれる飽和脂肪酸などの“とりすぎ注意”の脂質を同時にとってしまう。また、主食、主菜、副菜、汁物、といったベーシックな食事と比較すると、圧倒的にたんぱく質や食物繊維、ビタミン・ミネラルなどが不足する」と松田准教授。甘い物は血糖値を急上昇・急降下させるため、肥満や糖尿病などメタボのリスクも高まっていく。「間食は、甘い食事ではなく、朝食、昼食、夕食の3食でとれない栄養素を補給する食事と考えて、ときには乳製品や果物、芋類を選んでみるといい。毎回の食事でしっかり糖質をとれていれば、次の食事までに我慢できないほどの空腹感は感じないはず」(松田准教授)。

日経ウーマンオンラインより

ダイエット中は炭水化物を我慢する傾向がありますが、それで痩せてもリバウンドしやすい体質になってしまいそうです。玄米にコンニャクとごぼうを入れた、炊き込みご飯とか作るとダイエットに良さそうですね。

にほんブログ村 話題のダイエットBLOGをランキングで見る 人気ブログランキング 人気のダイエットBLOGをランキングで見る

2011年05月26日(木) | ダイエット速報ニュース | コメント:0
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバックURL
トラックバック
copyright © 2017 ダイエット速報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。