スポンサーサイト

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日(--) | スポンサー広告 |

心拍計付属が嬉しいGPSランニングウォッチのニューモデル…GARMIN ForeAthlete210

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする
GARMINの最軽量モデルがバージョンアップ
ジョギングブームが続く中、ランニングウォッチの注目度も急上昇している。ハードなトレーニングをする上級者はもちろん、ビギナーや女性にも愛用者が広がっているようだ。

GARMIN ForeAthlete210

走行ペースの測定機能は自分でペースを作れない初心者の助けになるし、心拍数のモニター機能は有酸素運動をしたいダイエット目的の女性にとっては必需品。そんなメリットが認知されてきたといえるだろう。もはやジョガーの必需品として定着してきた感がある。
それだけに新製品が数多く登場しており、開発競争、販売競争も激しくなってきた。そんな中で発売されたのがGARMINの『ForeAthlete210』だ。

GARMINのランニングウォッチはGPS搭載というアドバンテージがあるため、頻繁にモデルチェンジしなくても安定した人気がある。今回発売されたForeAthlete210にしても、新規に開発した製品ではなく、人気モデルの『ForeAthlete110』の実質的な改良版と考えていい。同社の最軽量モデルという特徴を引き継ぎながらジョガーのニーズに対応した新機能を追加して、さらに魅力的なモデルとなった。

GARMIN ForeAthlete210

まずForeAthlete210のアウトラインを紹介していこう。本体は一般的なデジタルウォッチと大差ないほどの小型、軽量が最大の特徴。わずか52グラムの小さな本体に、ラップ計測などのランニングウォッチとしての機能を詰め込み、さらにGPSレシーバーも搭載。GPSによる現在地の測位を活用することにより、走った距離、走行ペースを非常に正確に計測することができる。

また、ハートレートセンサーが付属しているので、心拍数のモニターも可能だ。つまり、走行ペース、走行距離、心拍数といったランニングの運動管理に必要なデータ全てを計測できる。やたらと存在感を放つ他社のランニングウォッチと比較して非常にシンプルに見えるが、じつは非常に多機能なフルスペックモデルなのだ。

ForeAthlete110との違いについても紹介しておこう。腕時計型の本体はデザイン、サイズとも全く同じに見える。ただし、後述する機能の追加に伴って液晶ディスプレイが変更されているので、ハードウエアは同じではない。追加された機能は、運動の内容をプログラミングできるインターバルトレーニング機能や心拍アラート機能。それに、前述のとおり、ForeAthlete110では別売のオプションだったハートレートセンサーが標準添付となった。

細かいところでは、オートラップの計測時に、ラップタイムの表示に加えて、そのラップの平均走行ペースを表示できるようになった。ちょっとしたことだがこれは非常に嬉しい改良だ。また、さらに別売オプションのフットポッドに対応したほか、ANT+規格対応の様々なフィットネスマシンも利用できるようになった。

レスポンスより

心拍計まで付いていて、ずいぶんと小さくスタイリッシュになりましたね。これなら普段着用としても、女性が利用するにしても使いやすいんじゃないでしょうか。

にほんブログ村 話題のダイエットBLOGをランキングで見る 人気ブログランキング 人気のダイエットBLOGをランキングで見る

2011年06月06日(月) | ダイエット速報ニュース | コメント:0
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバックURL
トラックバック
copyright © 2017 ダイエット速報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。