スポンサーサイト

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日(--) | スポンサー広告 |

今話題の「ヨーグルトワインダイエット」…TVも紹介・流行の兆し

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする
「ヨーグルトワインダイエット」と呼ばれる健康法に、注目が集まりだした。

ヨーグルトワイン

「とにかく、体重を減らせばよい」という発想とは異なり、腸内環境を整え、便秘などを改善。アンチエイジングや冷え性・肌のトラブルの改善など、身体を総合的に整える効果が期待できるという。
利用するのは、ヨーグルトと赤ワインと、極めてシンプル。その中でも鍵となるのはヨーグルトの働きだ。ヨーグルトに含まれるカルシウムには体に脂肪を蓄えようとする副甲状腺ホルモンの分泌を抑える働きがある。カルシウムが不足すると、脳に栄養不足という危険信号が出され、この副甲状腺ホルモンが血液中に分泌されるという。そのため、腸から脂肪を多く吸収して太ってしまう。そこで、肥満の原因につながるカルシウム不足を補うヨーグルトが注目されるというわけだ。

日本人の一日平均のカルシウムの必要摂取量は650mg。だが、成人平均摂取量は530mgしかない(厚生労働省調べ)。さらに、女性は更年期になると女性ホルモンが減少し、骨からカルシウムが溶け出す量が増える。このカルシウム不足が、肥満の原因になっている可能性があるわけだ。

さらに、赤ワインにはアントシアニンというポリフェノールの1種が含まれている。アントシアニンには、活性酸素を除去する作用が認められている。

ヨーグルトワイン

活性酸素とは体内で生じる、極めて毒性の強い物質だ。特に問題が大きいのは、脂質を変化させ過酸化脂質にしてしまうことだ。「脂質」というと、脂肪細胞を連想するが、実は人体を構成する細胞を包む「細胞膜」に欠かせない物質でもある。細胞膜の脂質が「過酸化脂質」に変化し始めると、細胞は正常な物質のやりとりができなくなる。つまり、「細胞」レベルの「老化」が始まってしまうわけだ。

健康にとって「大いなる味方」になってくれるアントシアニンだが、ヨーグルトと一緒に摂取、つまりヨーグルトワインにすれば、同じく過酸化脂質を除去してくれるヨーグルトのビタミンとアントシアニンを一緒に摂取でき、より強い力で健康を守ることができる。

また、ヨーグルトをしっかりと摂取していればば、乳酸菌など「善玉菌」の働きで、腸内環境を改善して「ダイエットの大敵」である便秘を改善してくれる。

「ヨーグルトワインダイエット」のよい点は、ほかにもある。見逃しがちだが「特別な、あるいは高価な食材を使っているのではない」ということだ。作り方も簡単で、ヨーグルト200グラムに赤ワインを大さじ4杯程度(60CC)、加えるだけ。1日1回、食前に食べればよい。

栄養面で体質改善やダイエットを考える場合、「自然に気長に続けられる」ことが、案外、大きなポイントになる。ヨーグルトワインダイエットはこの点でも「理想的」と言ってよいだろう。

フジテレビが21日に放送した「『B.C.』ビューティー・コロシアム」も、ヨーグルトワインダイエットを取り上げた。今後は「広く静かに」、美と健康を目指す人の間に、浸透してきそうな兆しだ。

サーチナより

ビューティー・コロシアムでは柴田理恵さんがアルコール好きと言うこともあり、ヨーグルトワインダイエットに挑戦していましたがこの組み合わせは健康面でもいいようですね。

にほんブログ村 話題のダイエットBLOGをランキングで見る 人気ブログランキング 人気のダイエットBLOGをランキングで見る

2011年07月06日(水) | ダイエット速報ニュース | コメント:0
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバックURL
トラックバック
copyright © 2017 ダイエット速報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。