スポンサーサイト

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日(--) | スポンサー広告 |

糖質オフダイエット「野菜炊き込みご飯」

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする
毎号、誌面で紹介したレシピを、日経ヘルスのライター竹島ぽてちが、実際に作って食すコーナー『「日ヘル(日経ヘルス)」ミシュラン 今月号掲載のアレ、試食してみましょー』。

糖質オフダイエット「野菜炊き込みご飯」

今回の指令は「おうちで糖質オフレシピ」で紹介している4品の中から1品ということなのだが、もう食材を買いに行っているヒマもない。しかも新担当のS路は「できあがりの写真送ってください♪」などとハードルの高いことをシレッとぬかす。「とにかく今家にあるものだけで作れそうなものを」というわけで、「野菜たっぷりの炊き込みご飯」を作ることになった。レシピには「お米よりも野菜が多い!<主食のレシピ>」と書いてあるのだが、4人前で米2分の1カップって……それ、「炊き込みご飯」って呼んでいいのか? お米入りの炊き込み野菜じゃん!
とりあえず、カップ2分の1の米(少なっ!)をといでおき、水を含ませている間に、ダイコン、ゴボウ、キノコ(エノキしかなかった)を刻んでオリーブオイルで炒める。後から米と一緒に投入するクルミは「煎り大豆でもOK」ということなので、節分の残りの豆を入れた。子供のころは「これしか食べられないの! ? 」と涙目になったものだが、最近は“年の数”食べるのが一苦労。煎り大豆の在庫処分もできて◎だ。最後に火を止めてからダイコンの葉を入れることになっているのだが、ストックがないので、ブロッコリーで代用だ。

ところで今は「節電第一」ということで、我が家では電気炊飯器にバケーションを与え、土鍋でご飯を炊いている。土鍋ご飯のお楽しみといえば「おこげ」だ。でも米がこんなに少ないのに、うまくおこげができるのだろうか? それに味つけは「塩ひとつまみ」だけで、だし系の調味料がゼロなんだけど、大丈夫だろうか? と、頭の中が「?」マークでいっぱいになったころ、土鍋からいい感じの湯気が上がってきた。

かき混ぜてみると、おお! 思ったより米に存在感がある! 

おこげもしっかりできていて、香ばしい香りがうっすらと。それにゴボウやキノコからけっこういいだしが出ているようで、塩味だけでも十分おいしい。オリーブオイル特有の油の旨みも効いている。特におこげの部分は全ての旨みが凝縮されて、超イケる。1杯目はそのまま素直に味わって、おかわりにはレモン汁をかけてライスサラダっぽく食べよう……なんて思っていたら、あっという間に母と2人で「4人前」を完食してしまった。これじゃ糖質オフ効果は半減、だよねぇ?

糖質オフレシピは「どれも食物繊維たっぷりで腹もちがいい」とは聞いていたが、ランチに野菜たっぷりご飯を食べたら、午後いつも欲しくなるおやつが「どうでもいいや」という気分に。「そろそろ夕食」という時間になっても「はいはい、まだ腹にしっかりおりますよ~♪」という感じで、食欲が炸裂しない。いつもの早食いにもストップがかかっている。偉いぞ、食物繊維! 「カレー粉などのスパイスを加えてピラフ風にしてもおいしい」ということだが、トマト味にしてもおいしそう。両方試してみようっと!

おいしい度  :★★★
ヘルシー度  :★★★
腹持ち度  :★★★★
(★四つで満点)

詳しくは 5月号 P42 「おうちで糖質オフレシピ」のページをご覧ください。

日経ウーマンオンラインより

炊き込みご飯と言うと、ある程度決まったレシピがありますがこれはちょっと珍しい。薄味な感じも良くて、次の日でもおいしくいただけそうです。

にほんブログ村 話題のダイエットBLOGをランキングで見る 人気ブログランキング 人気のダイエットBLOGをランキングで見る

2011年04月10日(日) | ダイエット速報ニュース | コメント:0
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバックURL
トラックバック
copyright © 2017 ダイエット速報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。