スポンサーサイト

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日(--) | スポンサー広告 |

元準ミスが指南!見た目美人は肩でつくる

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする
初めまして!鳳(おおとり)恵弥と申します。

鳳恵弥「元準ミスが指南!見た目美人は肩でつくる」

私は今、女優業をしながら、学生時代に受賞した準ミスインターナショナルの後輩たちへの指導をはじめ、これまでの経験を生かして子どもからモデルまで幅広い層のウォーキングやダイエット、就活指導などを行っています。
指導を通して感じるのは、「キレイになりたい!」という女性の美意識の高さです。その意識を持ち続けるのは大切なこと。この連載では、自分の体を最大限に美しく見せることをテーマに、毎日できる簡単なプチトレをご紹介していきたいと思います。

このプチトレは、私が大学時代にミスインターナショナルを目指し、その大会に出場するまで続けていた基礎トレーニングを軸に、無理せず日常に組み込んでいけるようシンプルにしました。面倒くさがりの人も、なかなか続かない人も、きっと楽しんでやっていただけると思います。

今日はまず、姿勢から整えていきましょう。あなたは姿勢に自信がありますか。

実は、姿勢が良いだけで若く見えたり、スタイルがよく見えたりするもの。その姿勢の第一印象を決めるのは肩です。

肩は、頭部を支える重要な土台。冷房で冷やしたり、同じ姿勢を続けて動かさずにいたりすると、肩こりや頭痛、顔のむくみ等の症状を引き起こします。女性らしさが際立つデコルテもきれいに見えなくなってしまうのです。

特に、日本女性の多くは「前肩」といわれる姿勢になりがち。姿勢は悪く映り、他人からは自信がなさそうに見えます。また、「いかり肩」になってキレイな服が着こなせなくなってしまっている人も見かけます。せっかく女性に生まれたのに、もったいない!そんな“お疲れ肩”をリフレッシュさせて、美しい姿勢を作っていきましょう。

鎖骨と肩甲骨の位置を正してリンパ節の流れを良くし、キレイなデコルテを作っていきましょう。

(1)まず、肩を後ろに引いて胸を張った状態にする
鳳恵弥「元準ミスが指南!見た目美人は肩でつくる」
鳳恵弥「元準ミスが指南!見た目美人は肩でつくる」

(2)肩甲骨に力を入れて、中心に引き寄せてる
鳳恵弥「元準ミスが指南!見た目美人は肩でつくる」
鳳恵弥「元準ミスが指南!見た目美人は肩でつくる」

(3)肩甲骨は引き寄せたまま、肩を下ろす
鳳恵弥「元準ミスが指南!見た目美人は肩でつくる」
鳳恵弥「元準ミスが指南!見た目美人は肩でつくる」

(4)最後に肩の力を抜く
鳳恵弥「元準ミスが指南!見た目美人は肩でつくる」
鳳恵弥「元準ミスが指南!見た目美人は肩でつくる」

職場でも自宅でも気づいたときに、これを5~10回繰り返します。エクササイズの後、肩の位置が普段より下がっていると感じられたらOK。

(5)デコルテのくぼみの内側を人差し指から薬指の四指で圧迫する
鳳恵弥「元準ミスが指南!見た目美人は肩でつくる」

デコルテの内側にあるリンパ節の詰まりを取り除き、リンパの流れをよくしていきます。痛みが伴う場合は、無理せずゆっくりやっていきましょう。痛みはリンパの詰まりが原因かもしれません。強すぎる指圧もNG。逆に菅の流れを悪くさせることにつながります。ゆっくり無理のない範囲で奥まで押していきましょう。

(6)両手を後ろで合掌させ、指先を上に上げる。
鳳恵弥「元準ミスが指南!見た目美人は肩でつくる」

指先を上に上げれば上げるほど効果がありますが、個人差もあるため、痛くならない程度に続けましょう。胸骨を開き、左右の肩のずれを強制できます。これも座りながら出来ますが、4~5分続ける必要があるので、お風呂で行うのがおススメ!

(7)肩を大きく回して(約20回)、血行を良くする
鳳恵弥「元準ミスが指南!見た目美人は肩でつくる」

特にデスクワークで、同じ体勢が続いたときにやると効果的。凝り固まった頭の中まで一気にリフレッシュさせましょう。

上のエクササイズが終わったら、正しい肩の位置をチェックします。お風呂上りや出かける前などに、スタイルチェックの儀式として取り入れてみてもいいかもしれません。

(1)鏡の前に立つ
(2)鎖骨の位置をまっすぐにする(肩と首をつなげる僧坊筋が張った状態)
鳳恵弥「元準ミスが指南!見た目美人は肩でつくる」

(3)肩甲骨は横から鏡を見ながら、左右の肩甲骨を閉めて胸を突き出す
鳳恵弥「元準ミスが指南!見た目美人は肩でつくる」

(4)肩甲骨自体が真っ直ぐに立っている状態にする
鳳恵弥「元準ミスが指南!見た目美人は肩でつくる」

始めはぎこちないかもしれませんが、続けていくうちに前かがみだった姿勢がまっすぐ立てるように、首から肩のラインがキレイに見えるように…次第に見た目が変わっていきます。普段から、気づいたときには肩の力をふっと抜いて、このプチトレをぜひ、試してみてください。

鳳 恵弥
元・準ミスインターナショナル。2002年に準ミスインターナショナルを受賞。モデル、女優として数多くのCMやドラマで活躍。2009年からは、これまでの経験を生かし、ミスインターナショナル、ミスワールドの日本候補者指導をはじめ、子どもからモデルまで、幅広い層のウォーキングやポージング、ダイエット、就活指導などを行う。

日経ウーマンオンラインより

姿勢を正すだけで見た目は変わりますよね。あと背骨への影響や健康にも違いが出てきます。仕事中でもこっそり取り組んでみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 話題のダイエットBLOGをランキングで見る 人気ブログランキング 人気のダイエットBLOGをランキングで見る

2011年09月20日(火) | 健康速報ニュース | コメント:0
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバックURL
トラックバック
copyright © 2017 ダイエット速報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。