スポンサーサイト

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日(--) | スポンサー広告 |

つい食べ過ぎちゃう人は必見!低血糖は制御不能な食欲を引き起こす

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする
食べるのを我慢できないのは、単に自分の意志が弱いから――と思っている人は多いだろう。

びっくり驚きの女性

ところが最近の研究で、意思ではどうにもできない場合もあることが証明された。
血糖値、つまり血液内のグルコース(ブドウ糖)濃度が下がると、脳が食欲を抑える能力を失いやすいという。特に肥満の人は、摂食衝動のコントロールを司る脳部位が機能しづらくなるそうだ。

米国イェール大学の科学者らが行った実験は次のとおり。被験者にブドウ糖を点滴して血糖値を調節しながら、高カロリー食品、低カロリー食品、食品以外の物の写真を見せ、MRIで脳の活動を観察した。

すると、血糖値が低い時は、衝動的な行動を防ぐ前頭前皮質がうまく機能しなかった。つまり脳が出す「高カロリーなものをエネルギー源として食べろ」という命令を拒めなくなるのだ。特に肥満の被験者ほど、少しの血糖値の低下でも食欲がわき、かつ高カロリー食品の写真への反応が強かった。

この結果から、肥満の人ほど血糖値が低下した場合に摂食衝動を抑えることが困難だと言える。またストレスにより分泌されるホルモンのコルチゾールが食べたい衝動を引き起こすことも明らかになった。無理なダイエットでストレスと低血糖が重なっては、ドカ食いに走って当然ということだ。

食べ過ぎを防ぐには、脳内のブドウ糖を適切な値に保ち、押さえがたい摂食衝動が起こるのを予防するのが良いと考えられる。ブドウ糖は炭水化物から得られるが、ケーキや菓子パンなどは避け、フルーツ、野菜、玄米、全粒粉パン、木の実、豆など良質な炭水化物を摂取することが大切。健康な食生活を心がけよう。

ロケットニュース24より

「太っているのは意志が弱いからだ!」と言われて悩んでいた人には考えさせられる内容です。意思で食欲を押さえつけても、本能がそれを許さないようです。やる気だけではなく、良質な炭水化物を摂取することも大事なんですね。

にほんブログ村 話題のダイエットBLOGをランキングで見る 人気ブログランキング 人気のダイエットBLOGをランキングで見る

2011年09月30日(金) | ダイエット速報ニュース | コメント:2
コメント
コメント
こんにちは、戸ヶ瀬です!

やる気だけでなく、それなりに知識もないといけませんよね。
私も以前は炭水化物抜きダイエットをして、
酷い副作用を出してしまいました(^^;

最近はご飯もパンもしっかり食べて、
ブドウ糖を切らないようにしています♪

応援ボタンパーンチ!!( ゚∀゚)=○)3`).∴ブフッ
2011/09/30(金) 11:49:19||引きこもり男の健康的に痩せるダイエット術!の戸ヶ瀬 #qD3zGmeY[ 編集 ]

最終的に引きこもってしまう、あの恐ろしい副作用ですね(^^)
2011/09/30(金) 14:19:05||くまのすけ #-[ 編集 ]

コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバックURL
トラックバック
copyright © 2017 ダイエット速報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。