スポンサーサイト

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日(--) | スポンサー広告 |

炭水化物を抜くと、代謝の低下に繋がる?

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする
やっぱり日本人だからなのか、ついついご飯が進んでしまうときがある。おかわりの手を止められないくらい白米を美味しく食べられるのは、至福のひと時といえる。

ご飯茶碗

でも、ちょっと前に炭水化物を抜くダイエットが流行ったこともあり、ご飯を食べ過ぎると太ってしまうのではないかと、不安になるのも事実だ。そうでなくても、飲み過ぎや不摂生からお腹まわりが気になる今日このごろ…。体型維持に努めるなら、やはり炭水化物は避けた方が無難なのだろうか?
「いえ、安易に炭水化物を抜くのはよくありません。そもそも炭水化物を摂ると太りやすいと考えられるようになったのは、かつて『炭水化物は摂取後すぐにブドウ糖に形を変え、血糖値を上げるので太りやすい』という学説が発表されたためですが、糖質はやはりエネルギーを生み出す上で欠かせない栄養素でなんですよ」

そう語るのは、『なるほど!食の新常識』(トランスワールドジャパン)の著者で、日本ホリスティックセラピストアカデミー校長の加藤雅俊先生だ。白米の主成分が炭水化物であるのは事実だが、加藤先生によれば、ダイエットを成功させたいのであれば、炭水化物はカットすべき栄養素ではないという。

「炭水化物とは主に糖質で構成される化合物の総称ですが、白米にはその糖質を燃焼させるために役立つビタミンB1が一緒に含まれています。糖質とビタミンB1がバランスよく組み合わさった白米は、エネルギー源として理想的なんです」

加藤先生によれば、糖質を燃焼させるためには、燃焼工場へ運ぶビタミンB1が必要で、これが足りないと代謝が低下し、逆にダイエットにはマイナスに作用するという。ダイエットのために血糖値の上昇を抑えたい場合は、ビタミンB1を含む炭水化物は重要な栄養素となる。ちなみにビタミンB1は水に溶けやすい性質を持っているが、白米の場合、炊飯時に溶け出した栄養分がそのまま米粒に吸収されるため、無駄なく摂取できるのだとか。

もちろん食べ過ぎがダイエットの敵なのは間違いないが、大好きな白米を無理にガマンするよりも、しっかりと食べてたくさん運動することがダイエットの早道といえそうだ。

R25より

テレビでも特集があった位なので、炭水化物はダイエットの敵と思ってしまいがちですが違うようです。かと言って炭水化物の摂りすぎも良くないでしょうからバランス良く食べて運動、と言う組み合わせがいいのでしょうね。

にほんブログ村 話題のダイエットBLOGをランキングで見る 人気ブログランキング 人気のダイエットBLOGをランキングで見る

2011年04月11日(月) | ダイエット速報ニュース | コメント:0
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバックURL
トラックバック
copyright © 2017 ダイエット速報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。