スポンサーサイト

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日(--) | スポンサー広告 |

フランスでも『コーラ』等に肥満税を検討していることが判明

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする
デンマークで脂肪税なるものが導入されると言う事で話題になったが、それに影響されたのかフランスでも『肥満税』なるものが検討されているようだ。

ソーダとラムネ(清涼飲料水)

こちらの税金は甘いお菓子や甘いジュース等に税金がかけられ、甘いジュースの購買率を下げようと言う目論見の他、税収を社会に有効活用すると言うもの。果たしてうまくいくのか。
フランスでは肥満増加を抑制するために糖度の高いソフトドリンクに対して肥満税を課すことを検討している
この税はコカコーラやファンタなどの炭酸飲料に対し税金が課せられ、年間1億ポンドの税収を見込んでいるというその税収は農場労働者よりも低い賃金で働いている人たちへの社会保障を賄うために使われるとのことだ。

少し前にデンマークでもバターやピザに対する脂肪税なるものが導入されたばかりで、それに影響されたのか今回フランスでも導入が検討されているという。

フランスの保険省のスポークスマンによると「我々フランス人は太り過ぎであるにもかかわらず、ダイエットに無関心だ』と警鐘を鳴らす。

実際にフランスでは1997年以降年々平均体重が増加傾向にあると言う。ここで拍車に歯止めをかけたいと言うねらいだ。

さて、この肥満税が導入されることにより本当に肥満が防止できるのか。日本のビール税のように、砂糖を使っていない甘いジュースなるものが登場して結局網の目を掻い潜る業者が出てきそうだが。

ちなみに、ゼロカロリー飲料は対象外だと言う。なんとも意見の分かれそうな税金だ。

秒刊SUNDAYより

ここまで続くと、健康になろう課税は世界の流れなのかもしれません。まだ結果は出ていないので分かりませんが、これらの課税でダイエットができて健康になるなら嬉しいですね。個人的には塩や砂糖に油などの使用量を減らしてくれれば、もっと外食を増やしたくなると思います。

にほんブログ村 話題のダイエットBLOGをランキングで見る 人気ブログランキング 人気のダイエットBLOGをランキングで見る

2011年10月16日(日) | ダイエット速報ニュース | コメント:2
コメント
コメント
税金までかけるのは少しやりすぎな気がします。

健康に越したことはないんですがね!

応援ポチっと!
2011/10/16(日) 21:12:36||木吉 #-[ 編集 ]

どこの国も何から税収を得るか必死なんでしょうね。しかし税金は公平性と透明性があってこそ理解が得られる物だと思いますので、そのあたりはしっかりして欲しいものです。
2011/10/17(月) 14:16:30||くまのすけ #-[ 編集 ]

コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバックURL
トラックバック
copyright © 2017 ダイエット速報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。